案ずるより産むが易し…嘘じゃん

2012-07-04 (Wed) 16:08[ 編集 ]
長らく放置してました

6月5日に帝王切開にて産みました
男の子で子は今現在、いたって健康
が、妻は出産後ボロボロでした…

なんでも、妻は児頭骨盤不均衡とやらで
骨盤が狭いらしい

で、予定日は5月27日
一週間過ぎても全く子どもは降りてこず…
生まれる気配すらないとのことで
6月3日に日曜にも関わらず診察…
夫と共に病院へ
この日に、帝王切開も視野に入れるように告げられ
翌日に再度診察し、全く兆候がなければ促進剤を使用との事。

夫と共に翌日再度病院へ
で、案の定
兆候は見られず、促進剤使用

促進剤を使用するも陣痛は微弱
子どもは降りてこず…

結局、翌日に帝王切開での出産となりました。

妻はケツがでかく子どもの頃から
安産体系と言われ続けて33年…
まさか、自分の骨盤が狭いとは…
まったくもって、無駄なケツの大きさ

無駄にデカいだけのケツでした…

ってか、帝王切開
生まれて初めての手術
一瞬で子どもは生まれ
なんだ楽勝じゃん
と、思ったのも束の間
胸から下になんだか違和感
それがどんどん広がり最終的にはものすごい痛み
そう、麻酔が切れたのです

その後も、すごい痛みが続き
なんだか記憶が曖昧

ってか、産院ってスパルタですね
翌日には後陣痛と傷の痛みで激痛の中
無理にでも立ってトイレに行けるようにと指導

ムリムリ
痛すぎてムリ
それでも翌日は座薬を使用していた為
痛みはなんとか耐えれたのですが
二日目
母乳などの関係で座薬の使用はしてもらえず
前日を超す痛みの為、看護師さんの前で妻号泣

なんやかんやで、四日間ほど痛みに苦しめられました
いや~、産院のスタッフの方達にかなり迷惑をかけました

出産は、今までの人生で一番の過酷な経験でした
ホント、思い返しても二度と経験したくないです。

退院後も、子どもと二人っきりの生活にとまどい
新生児はずっと寝てるもんだと思っていた妻
完全に知識不足
慣れない育児により、マタニティブルーに
毎週末号泣してました
夫にかなり迷惑をかけてます

スポンサーサイト

コメント

ヽ(〃'▽'〃)ノ☆゚'・:*☆オメデトォ♪
もう 生まれてるやろな~って心配してましたよ
そっかぁ 帝王切開で・・・
サリーさん3回も経験してますが^^;
アレはホンマに痛いし辛いんよね
分かる 分かる!
アタシなんか麻酔効かへんくて切り口の中に注射で麻酔増量やってんで~死ぬかと思ったわいさ~
けど 
子供が何事も無くってのが一番よ
ま これから色々あるやろけど
何とかなっていくモンやし 力まずね!
ほんま おめでとう!

Re: サリーさんへ

お祝いありがとうございます~i-237

3回も帝王切開を経験されたんですか!!
しかも、麻酔が効かないなんて…i-282

妻は、正直もう無理です
たった1回の経験でギブです…
サリーさん、尊敬しますi-189

何事もなく無事に生まれてきてくれるのが
一番ですね
赤子の寝顔を見てるとホント思います。

育児ノイローゼになりそうですが
頑張りますi-203

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bigmidori.blog36.fc2.com/tb.php/366-bc0ea1f1

 | HOME |